フットフォルトあれこれ

“フットフォルト”はれっきとしたルールですが、セルフジャッジの試合では影が薄いですね。わざとする人はいないと思いますが、だからといってやり放題というのも考えものです。
フットフォルトは大きくわけてエンドライン等を踏むものと歩くようにして打つものと2種類に分かれますが、ほとんど前者になるでしょうか。

ネットタッチに気をつけるのと同じように、ラインタッチであるフットフォルトにも気をつけるべきと思いますが、なにせ自分の足元ですから自分で見ることはできません。
他人に言ってもらうかビデオにでも撮って見ない限り判らないですから、練習中お互いに注意し合うしかないでしょう。
あまり目立たないルールであるフットフォルトにもきちんと気をつけている人を見かけると気持ちのいいものです。

さてセルフジャッジの試合ではサーバーがフットフォルトしていてもレシーバがそれをコールすることはできません。もし、どう見てもサーバーがフットフォルトしているようだったら、レフェリー或いはアンパイアを呼んで事情を説明し、しばらく試合を見ていてもらってフットフォルトがあればコールしてもらうようにします。
当然自分たちのサーブのときも公平に見てもらいます。
(高砂市の試合ではコート運営委員に頼めばいいと思います)

もし実際に相手がフットフォルトしていれば、前もって一言注意しておいて、
それでも続くようだったらレフェリーを呼ぶなどの対応をするのがベターかな
と思いますがどうでしょうか。


それでは問題です。
サーバーがトスを上げた時にエンドラインを踏んでいたが、ラケットを振り上げた時に足がラインから外れ、以降ラインを踏むことなくサーブが打たれた。
これはフットフォルトか。

答は「フットフォルトになる」です。
フットフォルトの定義は“サーブの全期間(サービスのレディポジション=[トスを上げる前の一瞬静止する状態]からボールがラケットに当るまで)に渡ってラインを踏んではいけない”となっていて、サーブをしている間に一瞬でも踏めばフットフォルトになります。

因みにフットフォルトはサーブが終わった瞬間に成立します。サーバーがいくらラインを踏んでいても、ボールを打つのを止めればフットフォルトにはなりません。
もしアンパイアがいてサーバーがサーブを打つ前、即ちラケットがボールに当る前に
「フットフォルト」とコールすれば、それはミスジャッジ(オフィシャルインダランス=審判員による妨害)であり、サーバーには1stサーブが与えられます。

戻る

高砂市テニス協会