セカンドサーブを打とうとした時に横からボールが転がってきたら

1stサーブをフォルトした後によそのコートからボールが転がってくることはよくあることですね。 1stサーブと2ndサーブの間はできるだけ自分のリズムを守りたいものですが、そのボールによってリズムが狂ってしまい、セカンドサーブが入らない〜!
どうしてくれるんだ、といってもどうしようもありません。
そんな時、1stサーブからの打ち直しはできないんでしょうか。

出来るなら1stサーブの打ち直しを認めてほしいところですが、何でもかんでも1stというわけにはいかないようです。その判定基準は
(1)サービスのレディポジションに入っていた → 1stサーブ
(2)サービスのレディポジションに入る前
・・・ → 2ndサーブ

サービスのレディポジションとは、サーブをしようとしてボールをトスアップ寸前の、サーバーの動作が一瞬静止するときをいいます。サーブを打つ前にボールをバウンドさせている状態はレディポジションに入る前ということになります。

サービスのレディポジションに入っていたかどうかはアンパイアがいればアンパイアが判断しますが、セルフジャッジでは当然サーバー自身が判断することになります。その判断がわかりにくいということで1999年度ルールではレディポジションに関係なくファーストサーブにするとなっていましたが、2000年度ルールでまた戻りました。


よくある状況で、ボールが転がってきても少し遠かったり、取り除くほどではないような時にちょっと気になるなあと思いながらサーブを始めることがあります。
或いは1stサーブがネットに当って自分の方に転がってきて、コートの中で止まったりすることもあります。

こういう時ムリに2ndサーブを打っても結局ダブルフォルトになることもありますし、コート内であればあぶないので、もし少しでも気になるならボールを取り除いてすっきりさせた方がいいみたいです。
ダブルスならネット際のボールはペアの一人がすぐ取ってあげるのがいいですね。

因みにアンパイアがいれば、セカンドサーブのレディポジションに入る前でも、ボールを取り除くのに時間がかかり、サーバーがこれによって妨害を受けたとアンパイアが判断した場合は、1stサーブを与えても良いことになっています。

戻る

高砂市テニス協会