レシーブの時のポジションってルールで決まってるの?

サーバーにはサービスをする間、ベースラインを踏んではいけないとか色々取り決めがあるのは皆
さんよくご存知と思いますが、ではレシーブポジションに対しては何か取り決めがあるんでしょうか。
レシーブの時はラインなど気にせず何気なく立っています。
私も「そんな所に立ったらルール違反だ」なんて言われたことは一度もありません

でもルールブックには一応レシーバの立つ範囲について書かれています。
「レシーバはレシーブの時、ネットの自分の側であれば何処に立ってもよい。(ダブルスの場合はペア二人とも)」
何処でもよい?! と言ってももちろんコート敷地内でしょうが、サーバーに比べるとずいぶん範囲が広いですね。

ですからレシーバはレシーブの時、後ろの方にいようとサービスコート内にいようと構わないし、右側でも左側でもどちらでもいい、つまりサーバーと対角に立たなければならないということはないのです。しかもダブルスではレシーバのパートナーも何処に立ってもいいというんですから、ミックスダブルスの時などは二人寄り添って立っていてもいいんですね。(そんなアホな..)

では更にレシーバのパートナーがサーバーが打とうとしているサービスコート内に入るのはどうでしょうか。実はこれもOKです。サーバーへの妨害になりそうですが、サーバーは遠慮無くその人目掛けてサーブを打てばいいのです。当れば得点です。
一度プロのダブルスでサービスコート内に入ってサーバーにプレッシャーをかけようとしているのを見たことがありますが、さすがにサーブを打つ瞬間には出てました。

しかしサーバー側にはパートナーがサーバーと同じサイドに立つ”オーストラリアン・フォーメーション”とかあるのですから、レシーバ側もそれに対抗してレシーバーとパートナーが同じ場所にいて「二人時間差攻撃」とか、左右逆に立ってレシーブの瞬間移動する「X攻撃!」とか..どうでしょうか..(だれもせえへん!)

ちょっと横道に外れましたが、かなり範囲の広いレシーブポジションもサーブを返さなくては話になりませんから、自然と立つ場所が決まってくるようです。場所を変えると言ってもせいぜいバックに来ないようフォア側を大きく開けるとか、前の方で構えてサーバーにプレッシャーをかけるぐらいでしょうか。

しかし、いつも同じ位置でレシーブするよりも、時々位置を変えてみるのもサーバーのリズムを狂わす一つの作戦かも知れません。せっかく何処に立ってもいいとルールはなっているのですから使わない手はありませんね。

戻る

高砂市テニス協会