ネットポストの横を通り抜けたら

プレー中に勢い余ってネットポストの横を通り抜けて相手コート側に踏み込んでしまいそうになった時、ここで踏み込んではなるまいと必死でこらえている人はいませんでしょうか。例えばネット際の短いボールを追いかけていった後などです。

止まれるならそれに超したことはありませんが、無理をすると怪我をしかねません。
そんな時は何も気にせずネットより相手側に踏み込んでいきましょう。

相手コート内(ネット、サイドライン、ベースラインで囲まれた範囲)に入ったり、その中に持ち物を落としたり、相手のプレーを故意に妨害したりしない限りポイントが失われることはありません。通り抜けた後クルリと向きをかえ、自分のコートに戻ってプレーを続ければいいのです。

但し例外があります。サーブ・レシーブのときだけはネットより自分の側に居なければなりません。サーバーはサーブを打つまで、レシーバはレシーブを打つまでです。それぞれのパートナーも同じです。


このルールを応用すると次のような裏技?が出来ます。
ボールが自分の側のコートでバウンドしたあと相手コート側に戻った場合、ネットに触れないようにラケットを伸ばし打てることになっていますが、ボールが相手コート側に戻った時にネットポストの横を通って相手コート側に行き、コート内に踏み込まないよう注意しながらボールを打つことができるのです。

実際には回り込むだけの時間的余裕はなかなか無いでしょうが、 おもしろいルールですね。

戻る

高砂市テニス協会