サーブのボールが当ったら。

サーブ゙されたボールがコートに落ちる前にレシーバ(ダブルスの場合、レシーバのパートナー含む)に直接当れば、それがファーストサーブであろうとセカンドサーブであろうとレシーバの失点になるのはご存知の通りです。
レシーバ或いはそのパートナーが立っている位置はだいたいサービスコート外でしょうから、フォルトするであろうボールを当てられた上に失点するんですから、レシーバにとってこんな割りの合わない事はありません。

これはサーバーの最大の利益(サービスエース)の可能性を妨害したということでレシーバの失点になるわけですが、サーブされたボールは地面に落ちる迄はどうなるか分からない、明らかにフォルトになりそうでも急激に曲ってサービスコート内に入るかもしれないから邪魔するなということです。

ではサーブされたボールがネットに当ってからレシーバに当った場合はどうでしょうか。
これは先程のサーバーの最大の利益を優先するということを考えれば簡単です。即ちネットに当ったボールはその後レシーバが触れなければサービスコート内に入るか出るか、つまりレットになるかフォルトになるかどちらかだけなので、サーバーに有利な方であるレットを採用することになります。

ここで主なケースを想定して判定はどうなるのか纏めてみましょう。

(1)サーブのボール →サービスコート内
に落ちる前に
→レシーバに触れた(注1) →レシーバ失点
→レシーバのパートナーに触れた →レシーバ失点
→サーバーのパートナーに触れた → フォルト
→ネットポストに触れた(注2) → フォルト
→シングルススティックに触れた → フォルト
→審判等上記以外に触れた → フォルト
(2)サーブのボール →ネットに触れてから →レシーバ又はそのパートナーに触れた → レット
→サーバーのパートナーに触れた → フォルト
→ネットポスト、シングルススティックに触れた → フォルト
→審判等上記以外に触れた → フォルト
注1. レシーバやサーバに触れたとはプレーヤの身体だけでなく、ラケット、帽子、その他プレーヤの持ち物を含みます。
注2. サーブの場合とラリー中とではネットポストに触れた場合の判定が異なります。ラリー中については追って。

まれにレシーバが「フォルト」と言いながらボールが落ちる前にラケットで止めてしまうことがありますが、こんなのは問題外で即失点です。試合中はともかく練習中はボールを取りに行くのがしんどいからと止める人がいますが、癖になると試合でもつい出てしまいそうで恐いですね。

戻る

高砂市テニス協会