トップページ テニス情報BOX テニスと突然死

 テニスと突然死 

他のスポーツに比べるとテニス中の突然死は少ないですが、中高年の週末プレーヤーの急死は毎年各地のクラブで発生しています。


スポーツ中突然死の種目(%)

突然死とは
  事故などの外因がなく、予期出来なかった内因性の病気で発症して、24時間以内に
死亡するもの。
日本では全死亡の約10%を占め、男性に圧倒的に多く発症している。
   
突然死の起きる状況
  @就寝中および起床直後が全体の半数近くを占める。
  A仕事中、家事労働中、入浴中、飲酒中などにも多く起こる。
  B運動中は全体の10数%
     
プレー中の突然死の死因
  @心臓疾患(大多数)
    子供 心筋炎、先天的心奇形                
    青年 肥大型心筋症
    中高年 冠動脈硬化症による心筋梗塞が圧倒的
  A脳血管疾患
    青年 クモ膜下出血
    中高年 脳出血が多い
   
突然死の予防
  下記のように健康についての自己管理が最も大切である。
  @風邪、発熱、睡眠不足、猛暑などで体調不良の時は無理をしない。
  A日頃から身体に不安があれば、医療機関で受診する。

テニスでは技術習得に時間を要するので、いきなり負担がかかることが少ないが、ジョギングや水泳などは誰でも気軽に取り組めるスポーツのため、中高年の人や初心者がいきなり無理をして事故を起こす事が多い。

中高年ではゲートボールやダンスでも発生するように、軽い運動でも危険がある。従って高齢者の大会ではゲーム数が少ないとかえって最初から勝負にこだわって
ストレスが多くなります。
競争心旺盛で挑戦的、妥協しないといったA型性格は突然死を招き易いといわれる

週末のクラブテニスでは、ゲーム前にビールを飲むことも少なくないと思いますが、病気が潜在している場合は突然死の危険が高まります。

           

参考文献:プレーヤーズノート・コーチ編(財団法人 日本テニス協会発刊)