トップページ テニス情報BOX 熱中症

 熱中症 

熱中症とは暑い環境で生じる障害の総称です。
 
人間の体温調節能力には暑さへの馴れ(暑熱馴化)が関係し、熱中症の事故は急に熱くなった時に多く発生しています。夏の始めや合宿の1日目には事故が起こりやすいので注意が必要です。夏以外でも急に暑くなると熱中症が発生することがあります。

スポーツによる熱中症事故は、無知と無理によって健康な人に生じるものであり、
適切な予防処置さえ講ずれば防げるものです。

熱中症の症状と救急処置
  1)熱失神 症状 皮膚欠陥の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、
めまい、失神などがみられる。顔面蒼白となり、脈は速くて弱くなる。
    救急処置 涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は
回復します。
足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を
受ける必要があります。
  2)熱疲労 症状 脱水の症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが、みられる。
    救急処置 熱失神と同じ
  3)熱けいれん 症状 大量に汗をかき水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、
腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんが起こる。
    救急処置 生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。
  4)熱射病 症状 体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態で、意識障害(応答が
鈍い、言動がおかしい、意識がない)がおこり、死亡率が高い。
    救急処置 死の危険のある緊急状態です。
体を冷やしながら集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。
いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場
での処置が重要です。
 
体温を下げるには、全身に水をかけてり濡れタオルを当てて扇ぐ方法、首、
腋の下、足の付け根など太い血管のある部分に氷やアイスパックをあてる
方法が効果的です。
とっさの場合、近くに十分な水が見つからない時の効果的な身体の冷却方法
として、水筒の水、スポーツドリンク、清涼飲料水等(これらの液体は冷たい
必要はありません)を口に含み、患者の全身に霧状に吹きかけて下さい。
全身にまんべんなく吹きかけることにより、汗による気化熱の冷却と同じよう
な効果をもたらします。。

意識障害は軽い事もありますが、応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも
異常がみられる時には重症と考えて処置しましょう。
       
熱中症予防のための運動指針
WBGT
 
 


31


 
 
28


 
25

 

 
21
 

湿




27


 
 
24


 
21

 

 
18
 






35


 
 
31


 
28

 

 
24
 

   
運動は原則中止  
WBGT31℃以上では、皮膚温より気温のほうが高くなる。
特別の場合以外は運動は中止する。 
 
厳重警戒
(激しい運動は中止)
WBGT28℃以上では、熱中症の危険が高いので激しい
運動や持久走など熱負荷の大きい運動は避ける。
運動する場合には積極的に休息をとり水分補給を行う。
体力の低いもの、暑さに慣れていないものは運動中止。 
警戒
(積極的に休息)
WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので積極的
に休息をとり、水分を補給する。
激しい運動では30分おきくらいに休息をとる。
 
注意
(積極的に水分補給)
WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故が発生する
可能性がある。
熱中症の兆候に注意するとともに運動の合間に積極的に
水を飲むようにする。 
ほぼ安全
(適宜水分補給)
WBGT21℃以下では、通常は熱中症の危険は小さいが、
適宜水分の補給は必要である。
市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するの
で注意。

WBGTとは?
  湿球黒球温度のことで、Wet-Bulb Globe Temparatureの略。
  人体の熱収支に係わる環境因子(気温、湿度、幅射熱、気流)のうち、特に影響
  の大きい湿度、幅射熱、気温の3つを取り入れた指標です。
  乾球温度、湿球温度と黒球温度の値から次の式で計算します。

  屋外で日射のある場合:
    WBGT=0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度

  室内で日射のない場合:
    WBGT=0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

 

参考文献 : 財団法人 日本体育協会発刊 「スポーツ活動中の熱中症予防ガイド」