トップページ テニス情報BOX 指導者資格

 指導者資格 

指導者資格については、以下のように変遷して現在に至っています。
.
従来・・・・・・・・・・・・・・・(財)日本テニス協会が独自に指導者育成を行って、資格を付与。
1987年(昭和62年)・・・(財)日本体育協会公認スポーツ指導者制度が創設。
              (A、B、C級スポーツ指導員、A、B、Cコーチ、A、B、C教師)
2005年(平成17年)・・・同上制度の新資格制度へ移行。
              (指導員、上級指導員、コーチ、上級コーチ、教師、上級教師)
              これに加え日本テニス協会独自の資格「普及員」がある。

日本テニス協会における各資格の主な役割は以下の通りです。

指導員
  公認テニス指導員  
  【主な役割】 都道府県でテニスの普及を図るため、初心者、初級、中級レベルの愛好者やジュニアに
対し、一貫指導プログラムに則り、テニスの基本的な指導にあたる。
     
  公認テニス上級指導員  
  【主な役割】 地域や都道府県で総合型地域スポーツクラブや協会のテニス教室において、一貫指導プロ
グラムに則り、年齢、競技レベルに応じたテニス指導に当たる中心的な役割を担うとともに、
テニス事業を企画、立案、実行する。また、テニス指導員の育成指導にあたる。
     
コーチ
  公認テニスコーチ  
  【主な役割】 強化指導指針に基づいた指導にあたるとともに、都道府県、地域レベルでのテニス競技者の
強化指導にあたる。
また、都道府県テニス協会における競技者指導育成システムの推進活動に参画する。
     
  公認テニス上級コーチ  
  【主な役割】 国際的な視野で人間的にも優れた資質をもち、高い指導・実技能力、知識を有する指導者
として、トップアスリートの育成、強化にあたる。
また、(財)日本テニス協会において強化スタッフとして中心的役割を担い、競技者指導育成
システムの推進活動や研究開発に参画する。
     
教師
  公認テニス教師  
  【主な役割】 民間テニスクラブにおいて、初心者、初級、中級レベルの愛好家やジュニアに対し、基本的な
実技指導にあたるとともに、スクールの指導カリキュラムの作成・実行に参画する。
     
  公認テニス上級教師  
  【主な役割】 民間テニスクラブにおいて、あらゆる年齢、レベルに対する指導にあたるとともに、スクールの
運営、管理、カリキュラム編成、イベント企画・立案に参画する。また、公認テニス教師の育成
指導にあたる。
         
普及員
  【主な役割】 都道府県でテニスの普及を図るため、ボランティア活動として初心者、初級の愛好家を対象に
基礎的実技指導にあたる。
         

参考文献:テニス指導教本(財団法人 日本テニス協会編)