トップページ 30周年記念行事

高砂市テニス協会30周年記念イベントの模様(2008.11.1)

西暦2008年(平成20年)、高砂市テニス協会はお陰様で創立30周年を迎えました。
これもひとえに、数え切れない程多くの皆様のご協力の賜物です。心より感謝申し上げます。
そこで、皆様に少しでもご恩返しをしたいとの主旨で、11月1日に兵庫県テニス協会ご協力により
特別講師を迎え記念イベントを開催しました。
当日はこれ以上ない晴天に恵まれ、参加された皆様とともにテニスを楽しむことが出来ました。
少しですが、その模様を掲載します。
 

ただ今準備中〜

5人の特別講師の皆さんが駆けつけてくれました。ではご紹介します。

右近憲三プロ(ミキプルーン)

木下英明プロ(わんむT.T)

桜井恵美プロ(わんむT.T)

中山亜美コーチ(グリーンピア三木)  西 正人プロ(NETS planning)

準備も整って、参加者の皆さんを待つばかり
 

いよいよ開会式

開会の挨拶と特別講師の紹介です

70数名の方に参加して頂きました

開会式の後は講習会。まずは準備運動

ボレーは打点を前にすべし。

スマッシュは左ひじを挙げるべし

身体はゆったり、振りは素早く

ひじをこうやって・・・(ちょっと聞こえなかったです)

ではサーブ打ってみましょう

サーブ振り抜きでビュッと音が鳴るのは、どこだ?

次はボレー班とストローク班に分けます〜

講習会最後にアドバイス。約2時間、本当に勉強になりました。
   

全員で記念撮影
   

昼からプロによるエキシビションマッチ。ミックスダブルスです。

スピードのあるサーブ、リターンや、ボレーテクニック等、参考になりました!(できるかどうかは別ですが)

中山コーチによるジュニアレッスン。「みんな、振り切るんだあ」

右近プロ直々の球出しによるジュニアレッスン。「決して諦めるな!」

プロに挑戦!その1 木下プロの本気サーブは返せません〜

プロに挑戦!その2 遊んでいるような、遊ばれているような・・ 

西プロより講習会の閉めのご挨拶を。

この後は賞品ゲット目指して、サーブ的当て、ストローク的当て、サーブスピードコンテストを行いました。


サーブ的当て。結構皆さん当ててらっしゃいましたねえ

ストローク的当て

サーブのスピードガンコンテスト。優勝は矢野さん(カネカ)でした。

あっという間に陽も傾き、閉会の時間となりました。白上副会長の挨拶で終了となりました。お疲れ様でした。
   

参加された皆様、大変お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
これからも高砂市テニス協会を宜しくお願い申し上げます。 役員一同より